睡眠薬の副作用の便秘は、便秘薬の併用よりもxが良い!

images

睡眠薬の副作用に、便秘があります!

 

 

そう言っても

 

「便秘ぐらい別にいいやヽ)/

「いつか出るでしょ?」

 

そう思ったアナタ!

 

便秘は万病の原因ですよ(°言°)

 

 

「睡眠薬を飲み始めてから便秘になりました…」という声

睡眠薬の副作用で「便秘になりました…」という声は非常に多いです。

 

 

 

例えば

 

  • 「便が全然でなくなってしまいました
  • 「下痢気味になってしまいました
  • 「水分を大量にとったり、ヨーグルトを食べたり、ツボを押しても効果がありません

 

といった相談を多く目にします。

 

ベルソムラやハルシオン、マイスリーといった薬を服用している人は、便秘を経験している人が多いみたいですね。

 

 

まぁ、これだけ深刻に便秘について悩まれるのも仕方がないと思います。

なぜなら…

 

便秘はこんな病気の原因にも…

fear-despair-ron1

便秘は、実は様々な病気の原因となる可能性があります。

 

 

たとえば、便秘がもたらす影響は…

 

  • お腹の張り
  • 有害物質の発生
  • おなら
  • 悪玉菌
  • 肌のトラブル
  • 肝臓が弱る
  • 口臭
  • 肥満
  • 体のコリ
  • 頭痛・腰痛

 

こんなにたくさんあるのです!

 

 

 

( ^)<便秘なんだよねぇ~」

と、恥ずかしそうに話している場合ではないですよね。

 

 

 

(´Д)<私は痔・おなら・悪玉菌・肥満・頭痛などを引き起こす可能性があり――

これくらい焦ってもいいくらいです(´・ω・`)

どうして睡眠薬で便秘が起こるの?

それではなぜ、睡眠薬の副作用で便秘になるのでしょうか。

 

 

早い話、睡眠薬は腸をリラックスさせてしまうようです。

しかし、便を出すには腸に積極的に動いてもらわないといけないので、

便秘になってしまうというわけですね。

 

じぁあ、便秘止めで便秘を防ぐのはアリ?

anxiety_face

そこで、睡眠薬と便秘薬を併用しようとする方がおられるのですが――。

それはいい考えです!

 

 

 

通常、睡眠薬と便秘薬は飲み合わせも悪くないので、併用できますよ(´∀`)

短期間であれば、併用しても問題ないと思います。

 

 

 

しかし!

便秘薬もずっと飲み続けるのはよくありません。

 

 

 

あまりに便秘薬を飲み続けてしまうと、

今度は便秘薬なしでは便が出せなくなってしまう恐れがありますので。

よって、睡眠薬と下剤の飲み合わせは慎重に行った方がよいでしょう。

 

 

 

睡眠薬と飲み合わせは悪くないものの、ずっと併用し続けるのはやめましょうね(´∀`)

 

便秘を防ぐための、2つのステップ!

diet-014

睡眠薬を飲む以上、便秘の副作用は可能性があります。

そこで便秘薬を飲んでもいいのですが――ずっと併用はできません。

 

 

ではどのようにして便秘の対策を行っていくのか。

これは、短期的対策と長期的対策の2があります。

 

短期的な対策は、便秘対策をすること!

短期的な対策では、まず便秘自体がなるべく起こらないように

以下の改善を心がけてみてください。

 

 

  • 食物繊維をしっかりと取る
  • 適度な運動をする
  • 精神的なストレス・不安を軽減する

 

 

これらは全て、便秘の対策方法になります。

 

 

 

睡眠薬を飲んでいる以上、大きく便秘の症状を変えることは難しいですが

それでも幾分、便秘対策にはなりますので。

 

長期的な対策は、睡眠薬を減薬すること!

そして長期的な対策としては、やはり睡眠薬自体を減薬する必要があります

というのも、私も過去に睡眠薬を飲んでいたのでわかりますが、

副作用は便秘だけではないのです。

 

 

  • 幻覚
  • 幻聴
  • 太る
  • 精神的依存
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 物忘れ

などなど…。

様々な副作用が確認されています。

 

 

しかしあなたが自分で「治してやる!」と思わない限り、

積極的に減薬を目指してくれるお医者さんも少ないのが現状です。

 

 

 

私も昔、医師に「そろそろ薬を辞めたいです」と言ったところ、

「君は一生睡眠薬を飲んだほうがいいかも…」なんて言われましたからね(;´∀`)

 

 

ですから私たちは、ある程度自分の意思で減薬のための行動をすべきです。

 

栄養を摂ることが大切!

vegetables-basket

そしてそのために重要になるのが、“栄養”です。

 

 

 

というのも、人が眠くなる成分は栄養を元に作られていますし、

昨今では病院でも栄養療法として薬の減薬に栄養が用いられています。

 

 

 

そして実は私も、栄養を取ることで睡眠薬を減薬しました。

ですから、あなたにも是非、栄養によって今の生活を変えていただきたいと思います(´∀`)

 

 

 

 

個人的にオススメなのは、栄養機能食品という

夜に休むための栄養がふんだんに配合されている補助食品です。

 

 

 

中でも私は、以下の「マインドガードDXというものを飲んでいました。

 

マインドガードDX 見た目・色

 

 

この栄養機能食品には、

  • 153種類の栄養素
  • カップ1杯で1日分の休息成分が取れる
  • 悩みやイライラに良い栄養も配合

という特徴があって、まぁちょっと値段は高いんですが

その分休むための栄養素はこの上なく配合されています。

 

 

 

私の場合はマインドガードDXを飲むことで徐々に自然と休めるようになり、

今では特に不安のない毎日を過ごせるようになりました。

マインドガードDXは、薬併用をしている人も問題なく飲むことが出来ますよ。

 

 

 

「以前の生活を取り戻したいっ!」と思うのであれば、

是非一度試していただきたい栄養機能食品です(´∀`)b

 

⇒「マインドガードDX」の公式サイトはこちら

 

睡眠薬の副作用「幻覚・幻聴」の対策方法 酒好き必見! 

Auditory-Hallucination

「薬を飲んで、幻覚・幻聴が起きました」

 

 

――なんて聞くと、それはもう完全にやばい薬のような気がしますが、

睡眠薬でも副作用で幻覚・幻聴を感じることがあるようです。

 

 

睡眠薬が原因の幻覚や幻聴はこんな症状…

それではまず、睡眠薬によってどのような幻覚・幻聴を

感じるケースがあったのかを見てみましょう。

 

以下のようなものが、あるようです。

 

  • 頭を触られる感覚
  • 体を触られている感覚
  • 夢なのか現実なのかわからなくなる
  • 真夜中なのに、ドアを叩く音がする
  • 部屋に虫がうじゃうじゃいるように見えた
  • 女の人の叫んだ声が聞こえた

 

などなど(;゚ロ゚)

ドリエルなどの睡眠導入剤でも、同様に幻覚などの症状が現れる可能性があります。

 

 

私も幻覚・幻聴は経験したことがありますが、それはそれは不快な経験です。

幻覚なので実際には存在していないのですが、

本人にとっては現実と変わらない感覚ですからね…。

 

 

まさに、「夢なら覚めてくれ!」といった感じです(;´д`)

 

 

睡眠薬+お酒(アルコール)でさらに起こりやすく…

images

因みにこれらの副作用は、お酒(アルコール)と睡眠薬を同時に飲むことで

より起こりやすくなってしまいます。

 

 

 

そればかりか深刻な後遺症を残してしまうことも考えられるので、

絶対にやめましょう(´+ω+`)

 

睡眠薬で幻覚・幻聴を見てしまう理由

image

それでは、なぜ睡眠薬で幻覚・幻聴を見てしまうのでしょうか?

これらの副作用を引き起こす原因は、薬が強すぎるのがもっとも大きな原因です。

 

 

効果が強すぎて、「薬に酔ってしまっている」状態になってしまうんですね。

 

 

 

だからこそ、脳が強制的に眠るモードに入ろうとする。

ところがそれが中途半端になってしまって、幻覚や幻聴を見てしまうわけです。

 

 

 

 

幻覚や幻聴は、本当に辛いですよ(;´д)

これが原因で、睡眠薬を1回でやめてしまう人も多いんです。

 

 

 

でも、やめたからといって不眠が治るわけではありませんよね。

だから私は、そもそも睡眠薬に頼らないで良いようになって欲しいと思います。

 

あなたが睡眠薬をやめたいと思うなら…

medical doctor

睡眠薬は、脳を強制的に眠らせてしまうもの。

だからこそ、副作用として幻覚・幻聴を伴ってしまうわけですね。

 

 

 

でも人が本来眠くなるのは、このような薬によるものではありません。

 

 

 

そして私も過去に睡眠薬を飲んでいたのでわかりますが、

もうずっと睡眠薬を飲んでいるのであれば、その生活は永遠に続きます

 

 

 

どこかで「こんな生活を抜け出したい!」と決心しないと、

薬も医師も不眠症から抜け出すことを手助けはしてくれません。

 

睡眠薬+何か を始めることが大切

important

もしあなたが睡眠薬の生活を抜けたいと思っているのであれば、

睡眠薬を飲みつつ新しい何かに挑戦してみてください。

 

 

具体的には

  • ストレッチをしてみる
  • アロマやハーブティーを試してみる
  • 眠る前のスマホ・PCは控えてみる
  • 朝日を浴びてみる

 

などなど…。

 

 

 

「今更なあ~」なんて思うかもしれませんが、どれも眠れない原因になるものです。

こういったところから、“薬を減らせるように”行動していきましょう。

 

私の場合は“栄養”が一番実感!

因みに個人的に一番意味があると思っているのは、栄養を取ることです。

なぜなら、人が眠くなる成分は栄養によって作られるからです。

 

 

 

また最近では栄養療法という名前で、

病院でも薬を減らすために使われています。

 

 

 

そして何を隠そうこの私も、睡眠薬と同時に栄養を取ることで

薬を減薬した経験がありますから(´∀`)b

 

 

栄養による減薬については、以下の記事をお読みください。

薬に苦しめられる生活から卒業しましょう!

 

栄養で減薬ってどういうこと!?⇒

 

睡眠薬の頭痛が寝起きに起こる場合は、これで対策!

different-headaches-400x400

睡眠薬と頭痛は、なかなか深い関わりがあります。

ドリエルやハルシオンを飲んでいて、頭痛に悩んだ経験はありませんか?

 

 

 

というのも

 

  • 睡眠薬を飲んでいて、頭痛が起こった
  • 睡眠薬をやめると、頭痛が起こった

 

この両方が確認されているのです…

 

 

寝起きに頭痛が起こるケース

waking-up

1つめの症状は、睡眠薬を飲んだ翌朝、寝起きに頭痛が起こるケースです。

一緒に吐き気が起こるケースも多いですね。

 

 

このタイプの頭痛が起こる原因は、

睡眠薬の効果が強過ぎる場合と、弱い場合の両方が考えられます。

 

 

 

睡眠薬の効果が強い場合は、

薬の成分が寝起きの時まで残ってしまって、頭痛や吐き気を起こしてしまうようです。

 

 

 

逆に睡眠薬の効果が弱い場合には、深い睡眠をとることができず疲れが溜まってしまい

寝起きの際に頭痛や吐き気を起こしてしまうようです。

 

寝起きタイプの頭痛の対処法

smile-senang1

 

寝起きタイプの頭痛が起こってしまった場合ですが、

多くの場合は、時間と共に痛みは緩和されていきます。

 

 

ただどうしても我慢できなかったり、大切な用事がある場合には

我慢せずに頭痛薬を飲んでください。

 

 

 

ただ、頭痛薬も飲み続けると副作用があるので注意です!

また、あなたの飲んでいる睡眠薬と頭痛薬の飲み合わせについては、

ご注意くださいね。

 

睡眠薬をやめたとき、後遺症で頭痛が起こるケース

paleo-withdrawl

睡眠薬を飲むと頭痛がする。

だから飲むのをやめると頭痛は治るのかというと…そう簡単でも無いようです。

 

 

睡眠薬を突然止めると、

後遺症として頭痛や吐き気、めまいなどが起こることがあります。

 

 

 

その他にも、

  • なかなか眠れなかったり、
  • 寝ても途中で目が覚めてしまったり、
  • 息苦しくなったりしてしまう

こともあります。

 

睡眠薬を断薬したとき、頭痛が起こるタイプの対処法

smile-senang1

 

 

本来睡眠薬というものは、突然やめてしまうことは良くないのです。

医師監修のもと、一緒に徐々に減らす計画を立てるべきです。

 

 

 

もしあなたが病院へ通っている場合には、

「減らしたいです」と先生に相談してみてください。

 

 

 

良い先生であれば、親身になって聞いてくださるはずです。

 

私の場合は、先生が減薬に乗り気じゃなかった

maxresdefault

因みに私の担当医師は、睡眠薬の減薬に乗り気ではありませんでした(;´∀`)

 

 

そればかりか、

「何素人が口出してるの?黙って薬飲んどけばいいんだよ」という雰囲気さえ感じました。

 

 

 

 

今となってわかったことなのですが、意外にもこのような先生は多いようです。

あなたの見ていただいている先生は、いかがでしょう?

 

 

 

私の場合は既にいろいろな副作用も感じていて、

「このまま続けると本当にもう戻れなくなる」という危機感も持っていました。

 

 

 

ですから、所謂“サプリメント”を並行して飲むことにしたんです。

もちろん事前に一緒に飲めるかは調べましたけどね(´∀`)b

 

 

因みに飲んだのは以下のサプリメントなんですが

 

マインドガードDX 見た目・色

 

これを飲みつつ、このサプリメントについてきた以下の特典

 

マインドガードDX 奇跡の健康法

(↑休むためのあらゆる方法が載っています)
マインドガードDX 休息日記(↑少し面倒ですが、効果はありますよ!)

 

をしっかりと活用した結果、今では自然に休めるようになりました。

睡眠薬や頭痛薬のように、副作用も起きませんから安心です。

 

 

 

 

1つの例ではありますが、もしあなたが今の生活を変えたいと思っているのであれば、

検討してみる価値はあると思いますよ(´∀`)b

 

 

 

私の試したサプリについては、以下の記事をお読みください!

 

睡眠薬生活を変えたいと思ってるあなたへ⇒

 

睡眠薬の副作用の吐き気を防ぐ3つの対処法

nausea-clipart-nausea1

眠薬を飲んで、仮に夜眠れたとします。

ここまでは、めでたしめでたし。

 

 

しかし!

睡眠薬の副作用が原因で、翌朝、吐き気がする事も多いのです…。

 

ハルシオンやマイスリー、ドリエルといった薬を服用して、翌日に吐き気を感じた経験はありませんか?

今回は、睡眠薬や睡眠導入剤を服用した時に起こる吐き気や嘔吐について、解説していきたいと思います。

 

 

睡眠薬で吐き気を感じる3つのパターンとは?

私たちが睡眠薬を飲む理由は、翌朝すっきりとした気持ちで目を覚まし、

充実した1日を過ごすためだと思います。

 

 

しかし睡眠薬のおかげで夜眠れたとしても、翌日の朝から吐き気を感じたり、

気持ち悪くなっているようでは意味がありませんよね。

 

 

 

では、なぜ睡眠薬が原因で吐き気がすることがあるのでしょう?

これには、3つの理由があると言われています。

 

 

理由その1.胃を荒らしてしまう

open-uri20120813-22543-1pxvtzq

睡眠薬の効果が強すぎるのが原因で、

胃を荒らしてしまい吐き気がする場合があるようです。

 

 

 

特に吐き気が起こりやすいのは、胃の中が空っぽの時のようですね。

因みに吐き気だけではなく、胃もたれや胃が痛いといった症状も見られるようです。

処方された睡眠薬で胃が荒れるようであれば、主治医に相談すると良いでしょう。

 

理由その2.睡眠薬が効いていない

image

これは睡眠薬が原因で吐き気がするというよりは、睡眠薬の効果が感じられなくなり、

不眠が原因で翌朝吐き気がしてしまうというものです。

昼夜逆転が治らず吐き気に悩んでいる人は、これが原因の可能性があります。

 

 

 

また不眠の他にも、ストレスや不安が溜まってしまい、吐き気の原因となる事もありますね。

通常、眠るとこれら不安やストレスは解消されるものですから…。

 

 

 

この対処として考えられがちなのが、睡眠薬を増やしてしまうことで事ですが――

それはダメです。

 

 

 

もっとひどい副作用が起きてしまいかねませんから。

ハルシオンなどの睡眠薬の飲み過ぎは、吐き気以外にも頭痛など重大なリスクを引き起こす可能性がありますから自己判断で量を増やさないようにしましょう。

正しい対処法は後にご説明しますね。

 

理由その3.お酒(アルコール)と一緒に飲んでいる

d395cb86

睡眠薬とお酒(アルコール)を同時に飲んでしまうと、睡眠薬の効果が増してしまいます。

 

 

これは一見良いことのように思われるかもしれませんが、

体にかなりの負担をかけてしまいます。

 

 

 

そしてこのアルコールが原因で、以下のような副作用も起こりやすくなってしまいます。

 

  • 息ができなくなる
  • 記憶がなくなる
  • 感情の抑制ができなくなる

 

などなど…。

 

 

 

危険なので絶対に辞めましょう。

 

吐き気の対処方法!

medical doctor

実際に副作用で吐き気が起こってしまった場合、

まずはその場の吐き気を抑えることが大切です。

 

 

その場合は、吐き気止めを飲むことが有効です。

 

 

 

アルコールのように飲み合わせが悪いと思われるかもしれませんが、

吐き気止めと睡眠薬は併用しても問題ありません。

 

 

 

まずは吐き気止めを飲んで、体を休ませてあげることが大切だと思います。

 

そして同時に、そもそも起こらないようにする

health-012013-001-617x416

私も昔は睡眠薬を服用していたので分かりますが、

副作用って吐き気だけではありませんよね。

 

 

頭痛・幻覚・幻聴…。

私のように、精神的に依存してしまう場合もあるでしょう。

 

 

ですから、いずれは睡眠薬に頼らなくていいようにすべきです。

 

栄養で減薬を目指そう!

もしあなたが今睡眠薬を飲んでいるのであれば、

私は栄養によって夜に休めるように調整することをおすすめします。

 

 

 

というのも、何を隠そう私も睡眠薬を減薬するために栄養を摂り、

今では薬なしでぐっすりと休めているからです。

睡眠薬の副作用によって、気持ち悪いなどの症状に悩まされることもなく、とても健康的です。

 

 

 

睡眠薬を飲まれていると「今更栄養なんて…」と思われるかもしれませんが、

最近では病院で減薬する時にも栄養療法として用いられていますよ!

 

 

 

詳しくは以下の記事をお読みください(´∀`)b

 

栄養で睡眠薬を減薬する方法⇒